百歳にもなると、人間は愛や友情に頼らずにすむ。さまざまな災厄や不本意な死に怯えることもない。芸術や、哲学や、数学のいずれかに精進したり、独りでチェスの勝負を楽しんだりする。その気になったら自殺する。人間が己れの生のあるじならば、死についても同じである。
「疲れた男のユートピア」(J.L.ボルヘス著/鼓直訳)より

2018年2月11日日曜日

「二月大歌舞伎」

歌舞伎座で夜の部「二月大歌舞伎」。白鸚、幸四郎、染五郎の三重襲名記念。私も生誕半世紀の年なのでお大尽感を演出して、お弁当は三越地下で握り鮨を誂え、シャンパーニュのハーフボトルを持ち込み。

「熊谷陣屋」は熊谷次郎直実に新幸四郎。まだまだ軽いかなあ……と思ったが、それが襲名披露というものなので。「壽三代歌舞伎賑」は両花道に大勢が登場し、歌舞伎座前の賑の描写から襲名口上に移る、お目出度い一幕。

忠臣蔵七段目「一力茶屋の場」は由良之助に新白鸚、力弥に新染五郎。新染五郎は初々し過ぎて、力弥としてもどうかなあ……と思ったが、それが襲名披露というものなので。

お軽と寺岡平右衛門には華やかなダブルキャストで、偶数日が菊之助と海老蔵、奇数日が玉三郎と仁左衛門。私が見た日は菊之助/海老蔵だったが、丁度いい御馳走感。おそらく玉三郎/仁左衛門を観たいお客の方が多いとは思うが、ちょっと贅沢過ぎてアンバランスでは、と想像。

とにかく華やかで縁起の良い夜の部でした。ところで、祝幕がまさかの草間彌生。どうしてそうなった。

 

2018年1月25日木曜日

嵐の海

大海で風が波を掻き立てている時,陸の上から他人の苦労をながめているのは面白い.他人が困っているのが面白い楽しみだと云うわけではなく,自分はこのような不幸に遭っているのではないと自覚することが楽しいからである.野にくりひろげられる戦争の,大合戦を自分がその危険に関与せずに,見るのは楽しい.とはいえ,何ものにも増して楽しいことは,賢者の学問を以て築き固められた平穏な殿堂にこもって,高処から人を見下し,彼らが人生の途を求めてさまよい,あちらこちらと踏み迷っているのを眺めていられることである — 才を競い,身分の上位を争い,日夜甚しい辛苦をつくし,富の頂上を極めんものと,又権力を占めんものと,齷齪するのを眺めていられることである.
おお 憐む可き人の心よ,おお 盲目なる精神よ!此の如何にも短い一生が,なんたる人生の暗黒の中に,何と大きな危険の中に,過ごされていくことだろう!
「物の本質について」(ルクレーティウス著/樋口勝彦訳/岩波文庫)より

2018年1月17日水曜日

池田先生のこと

昨日 1 月 16 日に池田信行先生がご逝去されたことを確率論メイリングリストで知る。

池田先生は伊藤清先生のすぐ下の世代で、日本の確率論の初期を代表する方だったと思う。今では日本の確率論は非常に大きな勢力となって、細分したグループそれぞれが既にかなりのサイズなので、確率論全体を一つにまとめるような方を思い浮かべることは難しい。池田先生は親分肌でもあり、そういう日本の確率論全体のリーダーだった。

私が池田先生の名前を知ったのは大学院生の頃で、もちろん、確率論を真面目に勉強しようとすると、当然 ``Ikeda-Watanabe" の名前を知るのである。私も修士の一年で読み始めた教科書がこれだった。私の指導教官は高橋陽一郎先生だったが、高橋先生は池田先生と親しく、また尊敬もされていたようである。例えば、Mark Kac の数学に強い興味を持っていたことや、数学のスタイルなど、今になって思えば、かなりの影響を受けていたと思う。

やはり院生のとき、池田先生の研究ノートのコピーを私がゼミで読むことになった。しかし、私の準備がまるで不満足なものだったので、高橋先生から「君には池田先生のノートを読む資格はない」と強く叱責されたことは、今思い出しても身の縮むような、また辛い記憶である。

そののち、学位をとってから立命館大学に就職して、池田先生とは同僚の関係になった。数学そのものについては、生焼けで失敗作の共著論文を一本書かせていただいただけで、私自身の非力と不真面目を後悔するしかない。しかし、日本の確率論発展の初期の頃の様々なエピソードなど、あれこれと身近に教えていただいたことは、ありがたくも貴重なことであった。

池田先生はその頃から数年で退職され、私もそのあとまた数年で大学を辞めたので、すっかり疎遠になっていた(池田先生は私の辞職にかなりご不興だったと聞く)。しかし、学会に顔を出されていたなどと人伝に聞いては、ご健勝ぶりを喜んでいたものであった。かなりの御年だったので大往生のはずと信じるが、寂しいことである。

2018年1月10日水曜日

初芝居は「黒蜥蜴」

日生劇場に「黒蜥蜴」を観に行く。少し早く到着したので、日比谷公園へ。おお、これが瑞兆を報せて歌を歌うと噂の、鶴の噴水かァ。そしてこの地下には神田上水の大伏樋のラビリンスが広がっているのだなあなどと思いつつ、公園を散策してから、劇場へ。

「黒蜥蜴」はもちろん江戸川乱歩原作、三島由紀夫脚本。今回は中谷美紀/井上芳雄主演、D.ルヴォー演出。やはり三島由紀夫の台詞はいい。

中谷美紀さんは綺麗で妖しげな雰囲気が黒蜥蜴らしくて良いし、熱演だったが、演劇の舞台では魅力全開とまでは行かなかったか。黒蜥蜴は誰が演じても、若い頃の美輪明宏さんと比較されてしまうので難しそう(とは言え、私の黒蜥蜴イメージは昔 TV ドラマで演じていた島田陽子さんだが)。

 演出や舞台装置は効率良くシャープで現代的、一言で言えば "neat" 。私は普段、歌舞伎ばかり観ているので、もっと大仰でもいいのに、とは思った。例えば、「このやさしい、二の腕の、黒蜥蜴を!」あたりで、チョーンと柝の音が入って明転してもいいくらい(笑)。

でも、長い時間を全く飽きずに観られたし、良い舞台だったと思う。幕後は観客みな standing ovation。今日はオマケに終演後、D.ルヴォーの「マスタークラス」と称するインタビュー企画もあってお得だった。


2017年12月28日木曜日

年の瀬の神保町

今年最後の神保町散歩。黒ビール半パイントを飲みながら一年の一人反省会をしてのち、行き付けの古書店を巡る。

ディック・フランシスの長編を集め始めてからずいぶん長いのだが、最後の最後まで入手できなかった二冊、「追込」と「決着」(菊池光訳/ハヤカワ文庫)の両方ともを、百円均一棚と同店内で見つける。もちろん、こういう一般書、業界用語で言えば「白っぽい本」は、今では amazon でいくつかクリックすれば直ちに入手できるのだが、散歩の途中の古書店で出会うのが楽しいのである。こんな文庫本を見つけただけで、ああ来年は良い年になりそうだなあ……なんて馬鹿なことを思えるのだから。

そのあと、これまた行き付けの珈琲屋で一服して、反省会の続きをしたり、買った本をほくほくしながら眺めたりしてから、帰路につく。

2017年12月27日水曜日

栄光について

そして、このわたしがわが人生に求める栄光のすべてとは、人生を静かに生きたということにほかならない。メトロドロスやアルケシラオスや、アリスティッポスのような生き方ではなくて、自分の流儀によって静かに生きたという栄光だ。というのも、哲学は平安平静に至るための普遍的に有効な道筋を見いだすことはできなかったわけなのだから、各人が、個人的にそれを探さなくてはいけないのである。
「エセー 5」(モンテーニュ著/宮下志郎訳/白水社)、「栄光について」(第 2 巻、第 16 章)より

2017年12月22日金曜日

掛取り

暮れの寄席納め。お茶を水筒に詰めて、スーパーで押し寿司と銅鑼焼を買い、鈴本演芸場へ。

いつもは空いているので安心していたら、既に待ち行列が。今から並んでも立ち見かどうかぎりぎりだと言う話で、普段だったら確実に帰っていたが、今年最後だからと並ぶ。結果、運良く、席をとってもらえた。

今、鈴本は毎日日替わりで主任が「掛取り」を演じるという年末企画中。今日の主任は柳家喬太郎で、借金取りに来た落語好きを「芝浜」で、小演劇好きを「熱海殺人事件」で、寄席好きを落語家の物真似で、特撮好きをウルトラマンセブンの最終回で追い返すというスペクタクルな「掛取り」だった。

立ち見の出る大混雑にやや後悔したものの、個人的には龍玉の「強情灸」と一朝の「片棒」が良かったのと、最近、襲名された立花屋橘之助二代目(元、小円歌)が見られたので、今年を縁起良く納められたかな、と。

いつもより早く 16 時に終了したので、蕎麦屋に寄り道せずに帰宅。