百歳にもなると、人間は愛や友情に頼らずにすむ。さまざまな災厄や不本意な死に怯えることもない。芸術や、哲学や、数学のいずれかに精進したり、独りでチェスの勝負を楽しんだりする。その気になったら自殺する。人間が己れの生のあるじならば、死についても同じである。
「疲れた男のユートピア」(J.L.ボルヘス著/鼓直訳)より

2017年12月11日月曜日

芝居納め

今日の日中だけは温かいらしい。水筒に日本酒を詰め、デパートの地下でお弁当を調達し、歌舞伎座へ。

「十二月大歌舞伎」の第一部を観劇(今月は三部制)。「実盛物語」と「土蜘」。幕の内の残りを肴にお酒を飲みながら観ていたら、いつの間にか気持ち良く、うとうととして半分くらい寝ていたかも。とは言え、今年の芝居納めは土蜘退治で、一年の厄落としになったに違いない。

ちなみに、「土蜘」の「叡山の僧智籌実は土蜘の精」を演じたのは松緑。まあ過不足ない感じか。侍女胡蝶役に梅枝。私は梅枝の顔がけっこう好きだ。

今年もほぼ毎月、歌舞伎座に通ったが、私が観た内での本年度ベストは、十一月「元禄忠臣蔵」より「大石最後の一日」のおみの役の児太郎かな。

2017年12月10日日曜日

ノンシヤラン

穏かな天気の良い週末である。おやつにパンとブルーチーズ。

2017年11月30日木曜日

ヒュームの死

氏は答えて、氏自身もこの満足を非常に強く感じているので、その数日前、ルキアノスの「死者達の対話」を読んでいるとき、カロンに向ってその渡し舟にやすやすと乗りこまないために持ち出されているあらゆる弁解のなかに、一つとして自分にとって適当なものは見出しえなかったといいました。氏は仕上げるべき家をもたず、支度をしてやる娘をもたず、復讐を願う敵ももっていませんでした。……
アダム・スミス書簡(ウィリアム・ストローン宛)より、D.ヒュームの最期の描写。「奇蹟論・迷信論・自殺論」(D.ヒューム著/福鎌忠恕・斎藤繁雄訳/法政大学出版局)に所収。

2017年11月19日日曜日

先生根性

昨日、午後は R 大確率論・数ファ系研究室の卒業生と教員の同窓会的な研究集会と、その同窓会組織の会合に付随した講演会。この講演会では、私が卒研を見た T 本君が「人工知能と金融のお話」の題で話すというので、一応出席しないわけには行かないかな、と雨の中出かけた。

やはり元教員としては、昔、学生として接していた彼等が今活躍している様子をうかがうと、なかなかに感慨深いものがある。私自身は、私が若い頃には若い頃を十二分に堪能したので、既に若者にはあまり興味がないのだが(これはヴィスコンティ監督の名言だったっけ)、それでも、胸が温かくなるような気持ちがするのは、先生根性が抜け切らないのだろう。

卒研の教え子の講演を聞いたあと、懇親会は遠慮して即帰宅。卒研でなにをやったか私は忘れていたが、講演で「大偏差原理の本を読んだ」と聞いて、そうだそうだ、と思い出したことであった。Stroock だったかな?

2017年11月7日火曜日

吉例顔見世大歌舞伎と「元禄忠臣蔵」ミステリ説

十一月と言えば顔見世である。一年は早いものだ。

老人は夜が早いので、普段は昼の部に行くことが多いのだが、今月の夜の部は仁左衛門が出ているし、さらに「仮名手本忠臣蔵」と真山青果の「元禄忠臣蔵」の両方がある。これは夜に観るしかない、と昨日のこと、水筒に白ワインを詰め、三越地下でお弁当を調達して、歌舞伎座へ。

一つ目は「仮名手本忠臣蔵」五、六段目。勘平に仁左衛門、おかるに孝太郎など。仁左衛門が若々しい。とてもその年とは思えない。

二つ目は「新口村」。忠兵衛に藤十郎、梅川に扇雀。藤十郎はんは動いてはるだけでありがたいわあ的な感じ。孫右衛門の歌六が芸達者。

三つめは「元禄忠臣蔵」より「大石最後の一日」。大石内蔵助に幸四郎、磯貝十郎左衛門に染五郎、おみのに児太郎など。仁左衛門が荒木十左衛門役でちょこっと。おみのの児太郎が、難しい上に密度の高い真山青果の台詞を迫真の演技でこなして、良かったのでは。個人的には幸四郎より勝っていたように思った。そう言えば、去年の顔見世も「元禄忠臣蔵」だった。「御浜御殿綱豊卿」で仁左衛門が綱豊卿を演じたのだったなあ。あれも良かった。

ところで、「仮名手本忠臣蔵」は噂話に尾鰭がついてどんどん大きく面白くなったような風情があるが、「元禄忠臣蔵」はいかにも一人の人間がギリギリ考えて作り上げた、というような、一本太い筋が通っているところがいい。これは全く私だけの理論だが、「元禄忠臣蔵」は一種のホワイダニットではないか。つまり、どうして大石内蔵助は討ち入りを計画実行したのか、という動機探しの推理小説ではないか。そして、大石自身も完全には理解していないところを、「最後の一日」でおみのとの討論の末、最後の最後に、全ての伏線を回収して動機が明確になるところがまさに、上質のミステリだと思うのである。


2017年11月4日土曜日

on Writing

Writing is a grim business, much like repairing a sewer or running a mortuary. Although I've never dress a corpse, I'm sure that it's easier to embalm the dead than to write an article about it.
``How to write a lot" (P.J. Silvia / APA Life Tools)

2017年10月26日木曜日

鈴本演芸場十月下席

良い天気なので、水筒にお茶を詰め、散歩がてら近所で散らし寿司を買ってから、鈴本演芸場へ。

蜃気楼龍玉さんの「親子酒」の酒好きぶりが印象的だった。酒をいかにも旨そうに飲む(ふりをする)のが、私の好きな噺家の条件の一つだ。

粋曲の柳家小菊さんは「きんらい節」から入って、都々逸や小唄など。粋だなあ。前に小円歌さんが三味線漫談で「こんな芸者呼んだら 2,800 円どころじゃすまないんだからぁ」と言っていたが、小菊さんはまさにそういう感じ。隠居の身で芸者遊びをするわけにはいかないので、演芸場でこういう文化を気軽に味わえるのは貴重だ。そう言えば、小円歌さんは立花家橘之助二代目を襲名予定らしい。

主任(トリ)は白酒師匠の「井戸の茶碗」。正直者しか出てこない話を気持ち良く聞く。白酒さんは名人上手という感じではないが、いつも細部のアレンジが抜群に面白い。私にとっては今、一番笑える噺家かも知れない。

その後は、蕎麦屋で天せいろと熱燗一合。